住宅ローンを申し込みするときの審査基準は?

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族に住宅ローン借り換えの残額が残らない様にする特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。
申し込み方法は、銀行または信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。
ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。
大事な点は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。
あわせて、過去の金銭トラブルなども判断されるので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申請されると良いでしょう。
念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローン借り換えを組もうとしたけど本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。
まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。
もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。
融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。